2018年12月はこんな一ヶ月でした

●食品安全に関する規格構築のコンサル
ISO22000、FSS022000など
その他監査など。HACCP制度化の影響か。
さらに、FSMA施行後、日本国内に査察にくるFDAが急増。すでに相当のレベルでFSMAに適合しているように仕組みが構築され文書が準備されていなければ、FDAから一報が来てから動いたのでは間に合わない。

●後期授業開始
前期より継続(通年):調理理論、食品衛生学
食品衛生学は来年度より事例研究など演習を盛り込む内容に変更予定。
いくら国試があるからといってトーク&チョークではつまらないし、国試の先にある就職後に活かせる内容をいれていきたい。
少しお休みしていた授業内容について記したブログを2019年度は再開したい。

後期:食品衛生学実験→やっぱり実験科目は楽しい。今年は急な依頼だっためシラバスや実験内容も前任の先生の内容をそのまま踏襲したが次年度は大幅に変える予定。
アクティブラーニングでいつもいってる、知る→わかる→できるへもっていきたい。

●自分の学び
9月に申し込んでいたFood Fraudのe-leraning(University of East Anglia)継続中

●出かけたところ
特になし。

●読書
チンギス紀三

チンギス紀 三: 虹暈 (単行本)
北方 謙三
集英社
売り上げランキング: 10,561

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中