ISO22000 DIS概要解説コースに参加しました

株式会社テクノファ主催のISO22000 DIS 概要解説コースに参加しました。

ISO22000は2005年に初版が発行され、2009年に一度見直しが検討されましたが、発行後間もないこともあり修正が行われずに現在に至っております。
品質・環境など他のマネジメントシステム規格では既に取り入れられている共通様式に合わせた改訂になること、そして食品安全マネジメントシステムとしてどのような骨格になるかというお話でした。

共通様式については、すでにISO9001やISO14001において2015年度版から採用されているので、そちらを知っているならばとくに驚くこともなく、まさしくその通り。

食品安全マネジメントシステムとしての変更点は、
言葉の定義やハザード分析からHACCPプランにかけて変更があるようです(実際やることは変わらないのですが)。これらにより、言葉の意味合いとか何を指しているかについては、CodexHACCPとは少し距離があき、一方、GFSIとは少し距離が近くなる。そんな印象を受けました。
改訂発行へのスケジュールは、今年の10のWGでFDIS作成、来年3月にFDIS投票、2018年中に発行のようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中