Food Fraudと監査

近年食品安全を脅かす関連用語として、Food Defenseとともに言われているのがFood Fraud であり、日本語では食品偽装と訳されている。では、食品偽装とは何か?この定義については、文化・考え方などの違いから微妙に異なっている。その違いは何か?どう対処したらいいのか。

昨年2016年12月22日に、FSSC22000のVer.4がリリースされた。このVer4の追加要求事項に新たにFood Fraudの防御が盛り込まれている。日本語訳(筆者訳)は次の通り。

    2.1.4.6 食品偽装防御
2.1.4.6.1脆弱性評価
1)組織は次のような事象に対して、食品偽装の脆弱性評価のための手順を文書化し、維持しなければならない。
a) 潜在的な脆弱性の特定
b) 予防策の開発
c) 脆弱性に対し予防策の優先順位をつける。
2) 脆弱性を特定するために、組織は食品偽装の潜在的な影響について製品その受けやすさを評価しなければならない。
2.1.4.6.2 予防策
1)組織は顧客の健康を守るため、適切な予防策を講じなければならない。これらのプロセスは、
a) 食品安全マネジメントシステムの適用範囲の中で管理され、
b) 適用する法律に順守していなければならない。

ここでは、食品偽装から健康被害が発生することに対してそれ防御することを求めている。これは、違う言い方をすれば、偽装があったとしても、健康被害のないものは含まれないということになる。

さて、健康被害の有無はひとまず置いといて、そもそも、なぜ偽装を行うのだろうか?産地や品種を偽ったり、何かを混ぜて分析数値は正常であると見せかけるのも、全ては利潤追求、ひらたく言えば儲けたいからである。つまり経済的動機が必要である。これがFood Defenseとの違いである。これについては、GFSIが2014年7月リリースした「GFSI POSITION ON MINIGATING THE PUBLIC HEALTH RISK OF FOOD FRAUD」で明らかにしているし、さらに古くは2011年11月にJohn Spinkらが、Journal of Food Scienceで同様の定義をしている

Food Defense 実施すべきことは、意図的な汚染による健康被害が発生しないことである。その時、なぜ汚染を行うかに経済的動機は関係ない。例えば会社に対して不満があり、勤務中に製品を汚染させたり、レシピや表示と違うものを使用したとしても、それを実行した本人には経済的動機はない。なぜならば、動機の発端が会社への不満であり、自分の勤務している工場の商品を汚染したならば、逆に収入源になることが想定されるため経済的メリットはない。ここがFood DefenseとFood Fraudの大きな違いである。

つまり、Food Defenseは健康被害を軸として定義されており、Food Fraudは経済的動機を軸に定義されている。もちろんFood Fraudには健康被害があるもの(粉ミルクにメラミン混入)と健康被害のないもの(ブラックタイガーを大正えびといって提供)とあるが、冒頭に記したFSSC22000の追加要求事項にあるように、食品安全という範疇で考えるならば、Food Fraudは健康被害のあるものを対象として考えるべきである。

では、日本でありがちな産地偽装のような健康被害のない偽装にはどう対処したらいいのだろうか。このような問題は食品安全の問題ではなく、コンプライアンスの問題である。よって、仮に内部監査や二者監査を行ったとしても、食品安全と同じ視点で行っている限り、偽装を見抜くのは難しい。これらは食品安全とは別にコンプライアンスという視点で監査をする必要がある。

食の安全安心といわれてから久しいが、ここには健康被害について問うているもの、健康被害はないがコンプライアンスについて問うているものがある、もちろん食品事業者としてはどちらも順守しないといけないことである。従来、監査といえば、意図しない食品汚染が発生しないかを確認することが主眼となっていた。そして昨今では、これに意図した汚染に対する防御が加えられてきた。そして食品偽装である。今までの視点に単に上乗せした観点では、監査になっていないことを自覚し、コンプライアンスという視点を新たに構築する必要がある。

 

2017年1月はこんな一ヶ月でした

●HACCP構築コンサルティング
危害分析表完成。これをもとにHACCPプランと未着手の作業手順書を作成
締め切りは2月末

●読書
水滸伝14巻-15巻
「日本を創った12人」
「走らないトヨタ」

走らないトヨタ: ネッツ南国の組織エスノグラフィー
田中 研之輔 山﨑 正枝
法律文化社
売り上げランキング: 163,249

「確率思考の戦略論」

●出かけたところ
なし

●自分の学び
今年は今まで以上の語学に専念することに。そのためそれにウエイトをおくことにした

●2017年2月の予定
HACCPコンンサルティング(継続)いよいよHACCPプラン作成へ
監査業務
その他、食品安全の規格に関するコンサルティング
成績評価