2016年5月はこんな一カ月でした

●授業デザインに関する教育研究
今年度は関西大学にて、科目は「ラテンアメリカ経済とビジネス」
グループワークにおける問題点に関する研究継続

●セミナー講師
5/22 FSMA(食品安全近代化法)に関して
FSMA設立の背景からPCHF、HARPCについて

●日本家政学会第68回大会
日本家政学会ポスター発表「講義と実習をつなぐ実験科目のありかた」

●HACCP構築のための初回訪問
HACCP構築のための初回訪問等(4月の予定が延期になったため)

●読書

デザインを大切さ。設計という意味でとらえかつチームで仕事をするうえで不可欠

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由
佐宗 邦威
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

先月読んだ中島敦の狼疾記につづいて「存在」について問うている

セレンディピティも発想もすべては好奇心から。

全19巻。今年中に読み終える予定でコツコツ読書中

●自分の学び
5/13 EQセミナー
●出かけたところ
5/4 富岡鉄斎展「万巻の書を読み、万里の路を行く」
●2016年6月の予定
6/7 農林水産省「農林水産業の輸出力強化戦略」説明会
6/11 研究に関する打ち合わせ
6/18-19  TOCfE(教育のためのTOC) 国際資格認定プログラム(前半)
6/26  Learning Workshop Lab 6月例会講師 テーマ 「糖質制限・解体新書」
その他、関西大学商学部授業見学(~7月) 見学者の新たな位置づけとルーブリック作成(授業デザイン設計)、工場監査など

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中