EQセミナーとセレンディピティ

「EQでつなぐ大学教育と人材育成の未来」と題した講演が、京都大学百周年時計台記念館で開催されたので参加しました。

プログラム

開会あいさつ 大学生協学びと成長事業全国協議会代表理事 小林陸生
来賓あいさつ 京都大学副学長 川添信介
イントロダクション「日本におけるEQの25年と今後」 筑波大学人間系心理学域 教授 相川充
講演「How Do People Reason About Each Other」 Dr. J Mayer
講演「Why Companies Are Using Emotional Intelligence」 Dr. D. Caruso
ディスカッション「EQ白熱教室」
第一部まとめ 筑波大学人間系心理学域 教授 相川充
講演「EQ感じる力の磨き方」 株式会社EQ 取締役会長 高山直
報告「大学におけるEQ活用事例」 大学生協学びと成長事業協議会 寺澤一彦
閉会あいさつ 大学生協学びと成長事業全国協議会代表理事 小林陸生

はじめこの講演の内容を目にした時に、少し前にEQというのが流行ったことを思い出した。
ただ、EQというのは、キャッチフレーズとしての言葉で、学術的にはEI(Emotional Intelligence)というとのこと。
さらに、昨今はコレに加えてPersonal intelligenceというのもある。
ヒトは考える前にいかに感じるかが大切であり、自分の感情がわからないヒトは他人の感情もわからない。
コミュニケーションにおいて、他人の感情を知り、それに共感することがいかに大事かという話だった。

そして、セレンディピティ

さて、表題のセレンディピティが2つあった。
会場にいくと、アクティブラーニングの授業デザインでお世話になっているT先生と偶然出会う。
さらにT先生と同じスタイルでアクティブラーニングの授業デザインをされているSさんと一緒だった。
Sさんのことは前々から知っていて、かつSさんも私のことをご存知だったようで、すっかり意気投合。
講演後は記念写真撮影。これがセレンディピティその1
もうひとつは、帰宅後、本を読んでいたらその中にEQの話がでてきた(!)その本によるとEQは感情を知り、共感するだけでなく、他の行動にも影響を及ぼしているとのこと。これがセレンディピティその2
本に書かれていた詳細は読了後あらためて報告するけど、偶然と点がつながり重なりあった1日だった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中