CTと見学者で作る!「ラテンアメリカ経済とビジネス」@関西大学 第3回

授業内容

第3回の授業は、前回の授業時に各自が書いた「本日の要点」の中身を踏まえて、もう少し資料の読み込みをすることになりました。
今日の授業の流れは次の通り
1.アイスブレイク
第1回、第2回の授業は履修学生がまだ流動的だったのでグループを固定していませんでしたが、今日から今とりあげているテーマが完結するまではグループは固定されるので改めてアイスブレイク
2.ワークその1
前回の授業に配布された資料を見て、次のことを行いました。
1-8班は資料Bについて、9-15班は資料Aについて、与えられたポイントに焦点をあて内容を読み解く。
これをまずは各自で行い、そのあとグループで話し合い、話し合った結果をLMSで入力
3.ワークその2
1-8班は9-15班の結果を、9-15班は1-8班の結果をみて、
なぜだろうと疑問に思ったこと、もう少し詳しく知りたいことを各自でアウトプットした後、グループで話し合いLMSで入力
4.まとめ
本日の授業の要点と感想を各自でLMS入力

見学者もグループワークに加わる

今回から、見学者もどこかのグループの中に入り、一緒に話し合いに参加しました。
そのため、各々のグループ内での空気・状況がよくわかり、改善点を見つけられました。
これは、見学者がグループワークに加わったので、グループごとに、この空気や状況の違いがわかること、そして比較できたからだと感じています。
この改善点をCTがどう乗り越えていくのか、次回の授業が楽しみです。

多くの方に見学に!

今回の授業は見学者の方がなんと9人!その中には関大の教員の方もいらっしゃって、今回の試みに興味をもっていただきうれしかったです。
引き続き、興味のある方はいつでも見学にお越し下さい!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中