FSMA 輸送に関する規則がFinal ruleになりました

Food Safety Modernization Actの規則のうち、「Sanitary Transportation of Human and Animal Food 」がfinal ruleとなりました。

Sanitary Transportation of Human and Animal Food(食品と家畜試料の衛生的な運送)内容

proposed ruleまでの内容を知っている人もいるかもしれませんが、簡単に規則について説明

  1. 対象:米国内の輸送業者、(米国からみた)外国の輸送業者も適用
    規則の文章をみると、適用者が荷主、荷受人、積み込み業者、運搬人としており、米国で消費・流通する商品である限り、その輸送段階にはすべて適用されるという文脈です。
  2. 食品輸送装置の清潔さと汚染防御の義務
  3. 運送に関する情報(温度管理、交差汚染防御など)
  4. 運輸に従事する人のトレーニングとその記録
  5. 記録の作成と保存(温度管理、洗浄、前に積まれていた荷物など)
  6. 免除規定:企業規模のみならず、食品の種類によっても免除あり
    例 飲料に使う炭酸ガス、食品として利用される生きた状態の家畜、生の貝類、加工なしに動物性食品として使用するためのヒトの食品副産物

最終規則で変更された点

  • 運送業者の定義
    次のものは免除になりました 包装資材の運送、生の農産物(RAC)の運送
    その他詳細な部分も変更されています。

規則の効力は、中小企業が規則発表から2年後、その他の企業は1年後


 

現場ではどう捉えるかについては、改めてセミナー等でお話ししたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中