HARPCについてお話しました

一般社団法人神戸食品微生物科学協会主催、
第4回産学連携事業研究発表会で、
「HACCPからHARPCへ」と題してお話をしました。

12月にFSMAのCurrent Good Manufacturing Practice and Hazard Analysis and Risk-Based Preventive Controls for Human Food (ヒト用食品に対する現行の食品適正製造規範と危害分析およびリスクに基づいた予防コントロール)に関する最終規則についてお話しましたが、この中のHARPCをとりあげて、HACCPとの違いについて説明しました。

配布資料をQRコードで
参加されている人がFSMAに対しての知識が十分にあるとはいえなかったのですが、20分という短い時間であったため、要点だけをかいつまんで話すという結果になりました。
この研究発表会では、会の意向でスライドの配布資料はなく要旨のみとなっています。
そのため、毎年メモを必死でとる人が多く見られるで、スライドをクラウドにあげて、そのQRコードを要旨に付け、QRコードを読み取ればスマホでスライドを見ることを説明しました。
この発表会直後の時点ではアクセス数が1桁と寂しいかぎりだったのですが、その直後の週末でいたようで、ひと安心でした。

こうすることによって、配布資料にかかる手間やコスト、USB紛失による問題など一挙に解決できるので、これからも話す機会があればこの方向でドンドン進めていきたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中