アクティブラーニングのための授業デザインセミナー第3回(全4回)

第3回は、エビデンスに基づく学びの構築と題して、エビデンスに基づいたアクティブラーニングの設計に必要な知識と診断的評価を中心とした測定方法について学びました。

学生の背景と学びの変化を知る

グループワークを行うときに、
個人の性格や、パーソナル特性としての「やりぬく力」の強弱やポジティブ・ネガティブの比率はワークへの参加や結果に大きく影響します。また、アウトプットの結果だけでは、その学生がどれだけどのように変化したのかがわかりません。
それを知るためには、スタート地点から定量的に測定することが必要であり、さらにグループワークを円滑にかつグループ間での差異が発生しないようにグループ分けができる、もしくはできない場合は、あらかじめグループによる特徴を把握しておく必要があります。
今回はこれらを定量的に測定する手法を実際にワークをしながら学習しました。

自分自身の強みをいかす

そして最後には私達教員側の強み弱みを分析し、これを来年度からの授業にどういかすかをディスカッション。
ワークをしている間は、これはあの時に使えるかな、これはこの時使ったらいいだろうなと、参加者全員実際に使う場面を想定しながらワークをしていましたので、いつもの通り?いつも以上!熱のこもった取り組みでした。
そんな熱い取り組みをほとんど休憩なしで4時間ぶっとおしで行えるのは、毎回開始時に行う三井さんのA-yogaのおかげです。(毎日仕事の始まりに10分程度行うだけでパフォーマンスが違ってきます)

次回はファイナル

次回3月最終回は、成績のための評価と学びとしての評価です。学び手である学生が主体的に学ぶように変わったことをどう評価するか。きっとアクティブラーニングをされている方にとってはここが一番の悩みどころだと思います。次回はここの核心に迫ります。
そして、今までタイミングがあわずに参加できなかった方も、最後だけは!という方もぜひご参加下さい(^O^)/

 

アクティブラーニングを広めるチャンスがやってきた

学校方針としてアクティブラーニングの導入がやっと明確になった

毎年2月終わりに教鞭をとっている学校の来年度の方針連絡会があります。
当日のスケジュールは、まずは各自の所属する学科の分科会が約1時間、その後学校全体の連絡が約1時間。
はじめの学科での分科会は就職状況や進学状況、栄養士認定試験の成績や新1年生についてなど。この辺りは毎年のことなので、ふむふむと聞いていたら、
突然、学科長から
「平井先生は、資料をQRコードで配っているんだって?」と聞かれた。
今年から授業のスライドや授業の記録など全部クラウドにあげて、そのURLをQRコードにして学生に配布していることを、さらに自己評価ルーブリックによる振り返り&フォローについても説明した。
平成28年度のシラバス作成の際に、担当部署よりアクティブ・ラーニングをできるだけしてくださいという意味合いの文章が織り込まれていたので、どうも学科長はその流れで聞いてきたようであった。
本当ならもっと詳しく説明したかったのだけど、次の全体会の時間が迫っていたので、その場での話は授業設計の大枠だけで、具体的な協調学習のやり方にまでは至らなかった。

アクティブラーニングを冊子だけで学習?!

そのあとの全体会では、履修や出欠についてや成績評価など例年通りの説明の後、
アクティブラーニングをしてくださいという話があった。
どうやってやるのか具体的な話があるのかなと思ったら、
“冊子を作成して、それを配るのでそれを見てやって下さい”
はい、終了。
えーーそれで終わり?!それは無理なのでは?!
と思っていたら、案の定、同じ学科の先生から、どうやったらいいか教えてほしいという相談があった。
(相談の内容はアクティブラーニングの話でなくて、QRコードで配る方法だったけど^^;  )

やっぱりOJTじゃないとね

自宅が近いので、どこかカフェででも、PC持ち込んでやりましょうということになった。
授業運営における省力化だけに留まらず、生徒の自主的な学びや、振り返りによる測定など、まずは自分の学科やら広めていきたい。
学生が自主的に学ぶためにはどうしたらいいかを考えて、手を変え品を変えここ何年かひとりでコツコツやってきたけど、やっと価値を認められたようで嬉しくもあった1日だった。

本当にHACCPでいいのか

HACCPの歴史

平成26年(2014年)5月12日厚生労働省通知、「食品等事業者が実施すべき管理運営基準に関する指針」でHACCP導入型管理運営基準が規定され、2016年1月13日、厚生労働省はHACCP導入を、食品関連企業に対して段階的に義務化する方針を固めたと報道された。
それをうけて、行政ではHACCP導入型管理運営基準を導入させるべく東奔西走しており、その説明会に参加した。
そももそも、製品が安全であるかどうかを考えるとき、抜き取り検査では、生産者危険と消費者危険を決めて、抜き取り数と合格判定個数が決められる。
NASAが要求した安全性は、不良率1PPM以下で、抜き取り検査を設計すると、とんでもない抜き取り数となり、実用的ではない。そこで、工程管理をきちんとし、その記録を残すという方法であるHACCPが考えだされた。
しかし、HACCPではどうしても管理できないものが一つある。それはいわゆる一括表示である。

自主回収の現状

独立行政法人農林水産消費安全技術センターが集計した自主回収情報によると、2014年度の自主回収950件のうち約半数の476件が表示不適切が理由で自主回収となっている。そしてこの表示不適切の原因の大半がアレルゲンの表示欠落やミスである。

HACCPにより工程管理がされている場合、可能性のある危害については非常に低い不良率で管理されている。しかしながら、何らかの理由で製品の仕様が変わり、それが一括表示の変更に影響をおよぼす場合、この管理については、原稿のHACCPの7原則12手順ではフォローしきれない。
HACCPで管理している危害によるリスクが発生したとしても、即生死に関わる事例は少ない。しかしながら、アレルゲンの表示が欠落していた場合は、即生死につながる。
そう考えたら、どちらが重要だろうかは言わずともわかるはずである。

本当の安全のために

よって、これの仕組み化を進めている。
決められたことはしないといけないが、決められたことしかしてはいけないという決まりはない。
決められたフレームを大きく越えて考えた事柄が有機的につながることによって新しい世界が広がる。
さぁ、枠を越え、越境しよう!

ARCSモデルで食品衛生7Sを考える

PCO微生物制御研究会 第38回研究会で「ARCSモデルで行う7S」をテーマにしてワークショップを行いました。
製造業では5S(整理、整頓、清潔、清掃、躾・習慣)の頭文字をとって5Sという製造現場での品質安定のためのルーチンワークを昔から言われていますが、食品業界ではこれに洗浄、殺菌を加えて7Sと呼んでいます。
さて、この7Sがなかなかうまく機能しない、また機能していてもいつの間にか形骸化してくる。
そうならないためにはどうしたらいいか?というのを、手法ではなく、やる人の動機付けに着目し、話をしたうえで、動機付けという観点から7Sをどう進めたらいいかをワークショップという形をとりました。
ワークショップそのものにあまり慣れていないというか、めったに経験しないために、面食らった人もいました。また、話し合いをすすめるなかで、いい意味でのはっちゃけた意見が実はあったほうがいいのですが、それについては当たり前的な意見が多かったです。
話しあいの前に、コスト的に無理とか、人員的に無理等というできるできないというのはおいといて、こうしたらイイと思う意見はドンドン出してくださいね!とお願いしていたのですが、この辺りはこちらが期待するような意見となりませんでした。
これについては、普段ワークショップを経験していない人に対してはもう少し作戦を練らないといけないなと感じました。
さらに、そもそも職場で何かをさせるのに「動機付け」の必要性については、刺さった人、刺さらなかった人の温度差が激しいなぁと感じましたが、少人数ですが強く刺さった人がいたので、やったかいはあったと感じたワークショップでした。
ARCSモデルで行う7S from YUMIKO HIRAI

奈良女子大学附属中等教育学校主催公開研究会でアクティブラーニングについてお話しました

 

0220m80220m7

奈良女子大学附属中等教育学校主催 「21世紀における学校の役割をめぐる対話」と題した公開研究会でお話しました。
この公開研究会ではテーマにそって、さらに具体的な内容にわかれて分科会がおこなわれており、私は「あらたな学びの方法論と関係性~ICT、ディープ・アクティブラーニング」のテーマで。実験科目におけるアクティブラーニングやICTを使った授業設計などについてお話しました。
ちなみに当日の登壇者は次の通り(敬称略)
二田貴広(奈良女子大学附属中等教育学校)
畝岡睦美(岡山県立岡山城東高校)
江藤由布(近畿大学附属高校)
平井由美子(大阪成蹊短期大学)

私は、実験科目でおこなっているアクティブラーニングと自己評価ルーブリックによる振り返り、そしてtwitterを使った質疑応答などの事例をお話しました。
当日のスライドはこちら

https://docs.com/d/embed/D25194576-7544-8971-5210-000416992093%7eMa7530292-9f25-3d56-825a-26bdcf74d6ab
そして午後からはこの分科会の登壇者並びに参加していただいた方を交えてKP法についてのワークショップでした。こちらは、明光学園中学校・高等学校(福岡県大牟田市)の前川修一先生のファシリテートのもと、各自テーマを決めてKP法でプレゼンをするというものでした。
枚数や時間が限られており、かつ手書きというアナログさが、参加者にとってはある意味斬新で、普段とは違う感覚を刺激されたワークショップでした。

0220m1

こうして丸1日普段なかなかお会いできない、他校の先生の授業設計やその方法を見聞きし、実体験することのできる有意義な一日でした。

花は観手に咲く

世阿弥の言葉で「花は観手に咲く」というのがあります。
能の価値は待っている人にあるわけではなく、見ている人がそれを感じるかどうかであるということを、
価値を花にたとえて言っている。
わかりやすくいうと、道に咲いている花が美しいと思うのは、それが美しいと思う人にとっては価値があるが、その花に興味がない人には何の価値もないのである。
ということは、モノであれ、サービスであれ、コンテンツであれ、それに価値を感じるのは相手である。それなのに、これはこんなにすごいんだよ!とスペックを強調するのは無意味だし、
対象となる人を絞らずに話すのは、上記のその花に興味も価値を感じない人に、この花は綺麗でしょう!と言っているのと同じである。
だから、自分のもつ、モノ、コト、コンテンツを、必要な人のところに届けてあげること、それが一番大切なこと。

今日、友人とその人の減量大作戦(現在、コンテンツ作成中につき詳細は内緒ね)の話をしていて、そんなことを思った。

オンラインのつながりと名刺

世の中、今も昔も異業種交流会というのがある。
そしてそこでは当然のこのとながら、名刺交換がされる。
では、その名刺交換した人と、その後どれだけ交流があるのか?
きっと、その後も交流が会った人はわずかだと思う。
それならば、自分が「楽しい」「面白い」と思う活動にオンライン・オフライン問わず参加して、それを発信した方が絶対イイ。
もちろん、異業種交流会が悪いと言っているのではない。その場を自分が「楽しい」「面白い」と思って参加して、それを発信している、あるいはできるのなら何ら問題ないが、ほとんどの場合そうではない。
その一方で、先にオンラインで知りあった、あるいはオンラインで集客したイベントで知り合った人の方が付き合いが続く傾向にある。
なので、オンラインというかSNS専用の名刺を作っている。
そこには、住所はもちろんのこと、電話番号もメールアドレスもない。
あるのは、氏名とSNSのアカウントのみ。
後日アクセスしてもらって、興味があればその後もお付き合いも続く。
昨年実際にあったのは、そのSNS用の名刺を渡した方と、あるオンライン上のグループでばったり会って(正確にいうとばったり会ったところを先方が覚えていてくれた&見つけてくれて)、再会@オンラインしたというのもある。
つまり、オフラインでありリアルでの集まりがその後につながる&有益のように感じるのは誤解で、オンラインから始まるのも素敵な出会いがあるということ。
そしてそれを発信していたら、そういう人たちが集まってくる。
さらに、ちょっと余裕があるのならオンライン専用も名刺も役に立つこともある。
今日はそんなことを思った日だった。

スパイスを輸入するということ

先月の後半にに食品輸入のコンサルというかアドバイスをしている話をしましたが、その続きの話です。
クライアントであるX社が多種多様な食品の輸入を希望されていて、その希望商品群の中にスパイスがあります。

輸入後のいわゆる一括表示にも関わっていますが、スパイスの場合、それについてはさほど複雑ではないため、大きな問題はありません。それよりも問題になるのは、
本当に輸入できるのか?という点です。
この場合、主に問題になるのが、
1.放射線照射の有無
2.アフラトキシン(カビ毒の1種)の有無
3.残留農薬
です。

1.放射線照射の有無
日本においては、放射線照射はじゃがいもの芽の発芽防止以外の目的で照射してはならないと食品衛生法で定められています。しかしながら諸外国では、微生物汚染による食中毒防止のために、放射線照射がされており(基準はcodexに準拠 10kGy)、その量は2005年で404,804トンとなっています。そして、使用後に十分な加熱工程のない香辛料においてはその使用は顕著となっています。
そのため、輸入の際には放射線照射をしていない「NO RADICAL」の証明書が必要となります。

2.アフラトキシンの有無
アフラトキシンとは、カビ毒の1種で亜熱帯から熱帯に生息する、ある種のカビによって生成されます。
このアフラトキシンは肝細胞がんを引き起こす物質として知られており、IARCの分類ではクラス1に分類されています。そのため日本ではアフラトキシンの存在が食品衛生法で認められていません。
輸入の検疫時に、このアフラトキシンが亜熱帯あるいは熱帯が原産国の食品あるいは加工食品から検出されることがあり。その場合は輸入が許可されず積戻しとなってしまいます。
よって、アフラトキシンの検査を一度もしないというのは非常にリスクが高いことになります。

3.残留農薬
ハーブなど一部のスパイスにおいては、その輸入形態によっては野菜等と同じ扱いになる場合があり、その際には残留農薬の検査がが行われます。もしこの基準を満たしていない場合は、輸入が認められず積戻しとなるため、あらかじめ残留農薬の検査をしておく必要があります。

スパイスは、そうざいのように原材料が複雑ではなく、缶詰瓶詰製品のように国内での表示基準もないため、簡単に国内で販売できるように思われがちですが、「輸入」という大きな壁があります。
このような大きな壁は、国内法だけではなく、国際的な食に関する動きを知っておく必要があり、そのうえで判断していかなければなりません。
マーケティング視点で商談と同時に、輸入に際しても問題点や対処しなければいけない事項がないかを同時並行で進めていかないと、商談は決まったにも拘わらず、輸入に関してトラブルが起きて販売できないという事態を招きかねません。

そんなことを先月から続いているお仕事をしながら思いました。

FDAによる米国食品安全強化法(FSMA)セミナー

米国で2011年1月に成立したFood Safety Modernization Act(略してFSMA 日本語では食品安全近代化法とか食品安全強化法などと訳されている)の最終規則がほぼ出そろい、早いものでは今年2016年9月から適用される。
そこで、この最終規則をもとに何を準備しなければならないのかの解説がJETRO並びにFDA局員からあった。
主な話は以下の通り。

1.食品安全強化法のうち、対米輸出国として重要となる規則は、
(1)Preventive Controls for Human Food (略してPCHF ヒト用食品の危害予防管理に関する規則)
(2)Produce Safety Standards (農産物の生産・収穫・包装・管理に関する基準)
(3)Foreign Supplier Verification Program (略してFSVP 輸入業者による外国食品業者検証プログラム)
以上、3つ。
加工食品は上記の(1)が、農産物及び農産物加工品は(2)が適用される。ただし農産物加工品については、消費環境や加工内容により(1)適用の加工食品扱いとなる場合がある。
米国内の輸入業者はすべての外国食品について(3)が適用される。
準備を始める際のポイントは、
・食品製造加工業者
適用される規則及びその範囲の確認→企業規模による適用期日の確認→PCQIの決定並びに必要に応じてトレーニング→取り扱い商品の危害分析→サプライチェーンプログラムやリコール計画の策定→モニタリング手順の策定→是正措置手順の策定→検証手順の策定→食品安全性計画の作成

2.Preventive Controls for Human Food  Final Rule
(正確には、Current Good Manufacturing Practice, Hazard Analysis, and Risk-Based Preventive Controls for Human Food )
Food Safety Plan(食品安全性計画)の作成が必要
・危害分析 意図しないもの、意図するもの双方必要。また化学的危害は放射性物質やアレルゲンを含む) さらに、重篤度や発生確率を考慮するだけでなく、ready-to-eatの食品における環境病原体の評価や施設を含む工程での要因の影響も考慮し、評価する必要がある。
・予防コントロール 危害を最小現に抑制あるいは予防を保証するための措置として
プロセス管理、食物アレルゲン管理、衛生管理、サプライチャーン管理、リコール計画が必要
さらにCCPのみならず、それ意外でも適切な管理が必要
・予防コントロールのマネジメントとして、モニタリング、是正措置、検証がある。とくに検証は予防コントロールの効果を保証するために適切に行あないといけない
・規則の名称が長いので前半のCurrent Good Manufacturing Practice, Hazard Analysis, and Risk-Basedを略していうことが多々あるが、HACCPでいうところのSSOPなどはcGMPにあるので、見落とさないように

3.Produce Safety Standards
・対象範囲 ヒト用の国産(米国産)及び輸入農産物 カット等が施された場合は農産物とはならない。また後に加工食品となりうる農産物(例えばトマトソース用のトマトなど)は免除の対象となる
・農産物安全基準として、以下の焦点をあてる(微生物汚染にフォーカス)
農業用水、動物由来の生物学的土壌改良、労働者の健康と衛生状態、設備・道具・建造物及び公衆衛生、家畜及び野生動物、栽培・収穫・包装・保管活動、発芽要件

4.質疑応答より
・FSSC22000、ISO22000、SQFなど国際規格がFSMAをカバーしているかはまだ分析していないので、現段階では言明できない
・アルコール飲料は対象外だが、みりん等調味料として扱われるものについては、現段階では回答できない
・PCQIについては順次情報がアップデートされる
・Seafood, Juiceは従来よりのHACCPが優先される。食肉・食肉製品はUSDAの管轄のためFSMAは関与しない

 

情報メディア論 最終回

DSC_0099

グループワーク概論でお世話になった、京都精華大学の筒井先生が担当されている情報メディア論の最終回の授業見学に行ってきました。
当初はモジュール3をがっつり行く予定にしていたのですが、諸事情によりモジュール2とこの最終回しか授業見学できませんでした。

さて、最終回は、今までのグループワークで自分ができた事・できなかった事、言えた事・言えなかった事を各自で挙げた後、グループで話し合い、最後は1人1人がこの授業に対する想いや考え、得たことを、そして今後の行動宣言を行い授業の幕は降りました。

DSC_0100

さて、聞いたところによると、前期のグループワーク概論、この情報メディア論ともに履修科目としてはなくなるそうです(悲)
しかしながら、このCT(Creative Team)を使った授業スタイルは、本質は変わらないものの次の段階へと進むようです。詳細が決まったらまたこちらでお知らせしたいと思います。