アクティブラーニングのための授業構想 第1回

今日は、アクティブラーニングのための授業構想(4回シリーズ)第1回-逆向き設計と創発的アプローチ-について学習しました。

アクティブラーニングを行うには、逆向き設計にて授業デザインを行う必要があり、その逆向き設計をどのようにやっていくかを4つのワークを行いながらその手法を学習しました。
ワークをする過程はもちろんグループワークなので、各個人で行ったワークをグループ内で発表しました、それぞれの専門としている分野が違うために起こる気づきもあり、また逆に近いからわかる気づきやアドバイスもありました。
さすが、休日にわざわざ参加している方々なので、グループディスカッションも休憩なしで行うほど熱量の高い時間でした。

このセミナーは12月より毎月1回、4回シリーズで行われます。
次回は、逆向き設計でデザインされた授業をどう運営するか です。楽しみ♪

P1010027

アクティブラーニングのための授業構想 第1回」への2件のフィードバック

  1. 三澤隆志 2015年12月21日 / 5:36 PM

    はじめまして、三澤と申します。Facebookでゆみろぐさんの記事をシェアさせて頂いたのですが、私の友達がこちらのアクティブラーニングの講座はどこでやってるのか教えて欲しいと連絡がきました。もし、よろしければ講座の日時場所など教えていただけないでしょうか?お手数ですがご連絡頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

  2. yumikohirai 2015年12月24日 / 9:36 AM

    こんにちは。ご連絡&コメントありがとうございます。参加のご希望を主催者に連絡させていただきました。ぜひご参加くださいということでしたので、下記のメール宛に詳細をお問い合わせください。なお、次回は1/23午後、日時は決まっておりますが、場所は今のところ未定です(京都市内での開催であるのは間違いないと思います)
    連絡先:ytsutsui@gmail.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中