劇場型授業 出版記念パーティ

今宵は、アクティブラーニングでお世話になっている、京都精華大学の筒井先生の出版記念パーティに参加しました。
筒井先生は、学生が主体的に学ぶこと×グループワークという授業デザインのもと、
教員が一方的に教授するのではなく、インタラクティブな学びや教えをするために、
2013年より学外からの協力者を招いて授業をされています。
今回その集大成が1冊の書籍となり、そのお披露目をかねて出版記念パーティとなりました。

パーティーに来ていただいた方は、約50名。
2-3日前から寒波がきて、非常に気温が低く寒い中、大勢の方がお見えになっていました。
このパーティーには、歴代、授業を作る役割を担うCT(授業協力者)や見学者の方も来られていましたが、一方、筒井先生の授業を見たことがないという方もいらっしゃったので、本のタイトルにもなった劇場型授業とはどのようなものかを、まず筒井先生から過去の経緯も含めて説明。

112701

そのあと、2015年前期「グループワーク概論」の履修学生、CT,見学者のクロストークにより、この授業の醍醐味と、学生がどのように成長していったか、それにどのようにかかわったかを三者の視点から話。
はい、わたくしこのクロストークに登壇させていただき、見学者としても授業の醍醐味についてお話させていただきました。

112702

そのあとは、同じく2015年前期CTだったアンディによるインプロ(Improvisation)
グループワークで大切なこととのひとつとして、グループのメンバー同士のコミュニケーション活発にすることがあります。それをこのインプロを使って実際授業の中で行っていたのですが、それを再現。
みんなでウキウキワクワクでインプロを楽しみました。

さらにパーティは、どんな授業?という話だけではなく、
美味しいお料理とオーガニックワインをともに、外の寒さを忘れるほど熱い2時間でした。

帰り道、出版された本を読みながら思ったことは、
歴代のCTはこの経験を各自の人生において生かして欲しいし、また時がたてば見学者としてかかわってほしい。
履修した学生は、いつかCTとして授業をつくる立場に成長してほしい。
そして、見学者は内容を見学するのではなく、そこにいる人、特に見学者を見学してほしい。そしてCT、学生を見学してほしい。それがこの授業を見学する本当の意図だということを伝えていきたい。

追伸:写真は当日、菱田哲さん撮影されたものをお借りしました。

劇場型授業 出版記念パーティ」への2件のフィードバック

  1. ytsutsui2014 2015年11月28日 / 11:28 AM

    由美子さん。ありがとうございます。一生懸命楽しめば、それが周りに広がっていきます。でも、ゆみこさんやまいにゃんのように、それをまとめてしっかり足場を創ることがないと前に進みません。私の一番不得意なところにご協力頂いて願ったりかなったりです。

  2. yumikohirai 2015年11月28日 / 3:36 PM

    こちらこそお役にたてて光栄です。
    過去のCTが試行錯誤してきたことで取り入れた方がいいことはどんどん取り入れていったらいいと思います。
    そのうえで、新しいことを構築していくことによって、スパイラルアップをしていく。
    そのためのアーカイブづくりにご協力できたらと考えております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中