実は恐ろしい、きのこ都市伝説

きのこによる食中毒

この時期から増えてくるのが毒キノコによる食中毒。
年間100名を超す患者数である。
食べなかったら食中毒にならないのに、一向に減らない。
なぜか。
きのこには、都市伝説があるから。
きのこ都市伝説

このような言い伝えがあるけど、これって都市伝説であって真実ではない。
また、かつて食べられると言われていたスギヒラタケも健康障害の発生が確認さえているので、食べないようにと言われている。
毒キノコによる食中毒は化学物質によるものなので、
いわゆる細菌性食中毒の症状とは違い、
幻視、幻聴、知覚麻痺、激しい頭痛、めまいや重症化すると、様々な臓器や細胞に作用し、肝不全、腎不全、循環器不全の併発といった全身症状を呈して、死に至る場合もあります。
なので、以下のことを徹底して、自分や自分のまわりの人の健康を守りましょう
採らない、食べない、人にあげない

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中