トランス脂肪酸は食品添加物ではない

10日ほど前、6月17日前後、米国でトランス脂肪酸撤廃!という報道が相次いだ。
それよりも先にFDAの通達文書を読んでいた私にとっては、ちょっと違うんだけど・・・と思いつつも静観していたが、どうも誤解している人が多いので、説明しておきたい。

そもそも、トランス脂肪酸は食品添加物ではない。
そして、FDAはトランス脂肪酸を禁止したわけではない。
この2点について、間違った解釈のまま報道されているのが散見される。

今回禁止になったのは、PHOs(partially hydrogenated oils )、部分水素添加油といわれるもの。
このPHOsの生産工程でトランス脂肪酸がたくさんできるので、このPHOsを添加物として使用するの禁止に至りました。

トランス脂肪酸は、自然界にも存在しており、また植物油の生産工程でもできるため、トランス脂肪酸そのものをゼロにすることは現実的ではありません。

では、なぜ米国はトランス脂肪酸の摂取量を減らそうとしたのかというと、
これが原因と思われる心疾患による死亡が死因の1位だからです。

これで、今回の騒動と背景を理解していただけましたよね。

では、私たち日本人はどうなの?摂り過ぎていないの?大丈夫なの?については・・・続く

FDAのニュースリリース
http://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm451237.htm

CDC  Heart Disease Facts
http://www.cdc.gov/heartdisease/facts.htm

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中