教室を社会に開く「グループワーク概論」第8回

今日の目標:ワークを設計する

今日は4つのグループに分かれて、テーマをもとにワークを設計するにはどのようにしたらいいかを学習しました。
先週(私は仕事の都合で欠席しましたが)、チームワークをするうえにあたって、
進行役、記録役、発表役を作る事という話があったようで、
それを覚えていたチームは学生同士で役を割り振って進めていました。
そして今日のテーマは「人生に求めるものは何か?」
んーー哲学的で抽象的。
私はあるグループに入ったのですが、みんなそれなりに自分の想いを伝えていました。
発表も滔滔としていて、やるじゃん!成長してるやん!でした。

より具体的に

結果的にどのグループも発表できたので、結果オーライなのですが、
やはり、抽象的なテーマを使ってチームワークを設計するのは難しい。
でも、今回のテーマは学生からこういう事をを話したい!とでてきたテーマとのこと。
それならば、少しジグゾー法の考えを取り入れてもよかったのではないかなと思っています。(あくまでも個人的見解ですが)
例えば、今回のテーマが「人生に求めるもの何か?」ならば、人生において必要な要素、例えばお金、人とのつながり、時間などにわけてしまって、そのひとつの要素について話し合いをしたら、結果も具体的になって、参加者である学生の意見の透明感・具体感が増したんじゃないかな。
そういった難しい事はさておき、先週仕事の都合で1回授業に参加できなかった=学生とふれあわなかっただけで、こんなに成長を感じるものなんだとひしひしと感じました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中