臨床美術を体験しました

臨床美術

友人のお誘いで臨床美術を体験しました。

臨床美術とは
独自のアートプログラムに沿って創作活動を行うことにより脳が活性化し、認知症の症状が改善されることを目的として開発されました。
臨床美術士が一人ひとりの参加者にそった働きかけをすることで、その人の意欲と潜在能力を引き出していきます。
1996年に医者・美術家・ファミリーケア・アドバイザーがチームとなって実践研究をスタートさせました。医療・美術・福祉の壁を越えたアプローチが特徴で、アートセラピーの先進国にも例を見ない先駆的な取り組みと言えます。

認知症の症状改善を目標として始まりましたが、現在では、
・介護予防事業など認知症の予防
・発達が気になる子どもへのケア
・小学校の授業「総合的な学習の時間」
・社会人向けのメンタルヘルスケア
など多方面で取り入れられ、いきいきと人生を送りたいと願うすべての人への希望をもたらしています。
(日本臨床美術協会ホームページより)

こんな風にやりました!

プログラムは色々あるようですが、今回は植木鉢に絵を描くというのを行いました。
植木鉢に草花が入っていると仮定してその地中はどのような様子か、こうだったらいいなーとか自由な発想で描いていきます。

まず最初にマスキングテープに好きな形に種を書いてそれを切り取って貼っていきます。
DSC_0287

その後、貼りつけた種の回りを好きな色で塗っていきます。
使う描画材はオイルパステル。
認知症の方も使うので、万一口にいれても危害のない素材で作られている描画材だそうです。
なるほど。

DSC_0285

使う色は16色ですが、土の中だからといって、安直に黒とか茶とか根っこは白っぽいよねとか理屈で色を使わないように、最初に黒・茶・白の3色は除けておき、残りの色で塗っていきます。

2色以上重なる部分はベビーオイルを使って混色することによって、描画材にない色を出すことができます。
また、色を塗った上から尖った割り箸で模様を付けることもできます。
そして最後にニスを塗って完成
DSC_0290

作業中には自分の事に必死で他の人のを見る余裕がなかったけど、
ニスを塗る段階になって、ふとまわりを見ると、なんとそれぞれ個性的なことか。
この個性の違いを楽しむことも重要でとても楽しい。

DSC_0293

DSC_0291

みんな違ってみんなイイ

最後に講師の方からの講評がありましたが、
”みんな違って、みんなイイ”という言葉のとおり、
各自がそれぞれ持つ良さを存分にアウトプットできた楽しいひと時でした。

教室を社会に開く「グループワーク概論」第8回

今日の目標:ワークを設計する

今日は4つのグループに分かれて、テーマをもとにワークを設計するにはどのようにしたらいいかを学習しました。
先週(私は仕事の都合で欠席しましたが)、チームワークをするうえにあたって、
進行役、記録役、発表役を作る事という話があったようで、
それを覚えていたチームは学生同士で役を割り振って進めていました。
そして今日のテーマは「人生に求めるものは何か?」
んーー哲学的で抽象的。
私はあるグループに入ったのですが、みんなそれなりに自分の想いを伝えていました。
発表も滔滔としていて、やるじゃん!成長してるやん!でした。

より具体的に

結果的にどのグループも発表できたので、結果オーライなのですが、
やはり、抽象的なテーマを使ってチームワークを設計するのは難しい。
でも、今回のテーマは学生からこういう事をを話したい!とでてきたテーマとのこと。
それならば、少しジグゾー法の考えを取り入れてもよかったのではないかなと思っています。(あくまでも個人的見解ですが)
例えば、今回のテーマが「人生に求めるもの何か?」ならば、人生において必要な要素、例えばお金、人とのつながり、時間などにわけてしまって、そのひとつの要素について話し合いをしたら、結果も具体的になって、参加者である学生の意見の透明感・具体感が増したんじゃないかな。
そういった難しい事はさておき、先週仕事の都合で1回授業に参加できなかった=学生とふれあわなかっただけで、こんなに成長を感じるものなんだとひしひしと感じました。

現代美術振興財団 アートアワード CAF賞受賞作品鑑賞

P1000776.JPG

お友達の大和美緒さんが、
現代美術振興財団アートアワードCAF賞を受賞されたので見に行ってきました。

CAF賞とは・・・

CAF賞 は全国の美術系高校、大学、大学院、専門学校の学生の皆様を対象とした、若手アーティ
スト育成を目的とする、現代芸術作品のアートアワードでございます。
第二回目となる今年も、現在ご活躍中のアーティストや美術館研究員の方々などを審査員にお迎えし、
最優秀賞1名・優秀賞2名・審査員特別賞4名の合計7名の学生を選出させていただきました。
また、今年より最優秀賞を受賞された学生には海外留学渡航費用を拠出させていただきます。
若い才能を持った学生が、直接海外のアーティストと一緒に活動することで大いに刺激を受けていただき、その経験を帰国後の創作活動に存分に生かしていただきたいと考えております。( 第2回CAF賞 作品展案内より)

展示作品は受賞した23名の作品。
現代芸術ですので、いわゆる絵画に代表される平面のものだけでなく、
3次元のものもあり、また使用する素材も様々。
凝り固まった芸術脳を刺激されました。
冒頭の写真は、会場の入り口から撮影したもの。
正面に見えるのが大和さんの作品です。
いい場所に展示してもらえてよかったね!

なお、この作品展のあった会場は、3331 Arts Chiyodaというのは・・・・

3331 Arts Chiyodaは旧練成中学校を利用して誕生したアートセンターです。地下1階、地上3階の館内には、アートギャラリー、オフィス、カフェなどが入居し、展覧会だけでなくワークショップや講演会といった文化的活動の拠点として利用されています。また、誰でも無料で利用できるフリースペースも充実しており、お昼時には近隣にお勤めの方々やベビーカーを押すお母さんたちで賑わい、夕方には宿題をする子供たちの姿も見られます。

アートに興味を持つ人のみならず、誰でも気軽に利用できるのが3331 Arts Chiyodaの特徴。第一線で活躍するアーティストやクリエイターから、地域の子どもたちまでが集い、日常的に創造力を育む文化的活動に触れることができます。東京だけでなく、日本各地や東アジアをはじめとする「新しいアートの拠点」を目指す一方、区民の方々をはじめ人々の憩いの場でもあるのです。(3331 Arts Chiyodaのサイトより)

建物入ってすぐの場所はきっと昇降口だったんだろうけど、横に長いのを生かし開放感あふれる空間になっていました。カフェも併設され気持ちよかったー!
P1000778

P1000779

「単位展」に行ってきました

P1000765

東京ミッドタウン 21_21 DESIGN SIGHTで開催されている単位展に行ってきました。
この世の中のモノや環境に単位という一定基準を設けることによって、比較や共有を可能にしています。この知恵と思考の道具である単位をモノと提示し表したのが今回の単位展です。
昨今はSI単位系を使うようになっていますが、それでも昔ながらの単位(日本なら尺貫法、イギリスならヤード法など)も存在しており、それが国際単位をはじめとして他の単位で表した比較もありました。
その他にもピクセルがバイトを体感できるコーナーやマッハ1ってどのくらいかを映像で感じることもできました。
私が一番おぉーと思ったのは、木の樽に入っている清酒が最終的におちょこ何杯にあるかを、
さらに小さい木の樽、一升瓶、徳利と清酒をいれる容器の大→小へ変わっていきながら展示していたのは楽しかったな。
そして、さすが単位展。入場券にも単位が書いてありました^^
DSC_0281

単位展に行こうとあらかじめ東京ミッドタウンのサイトをみていたら、
デザインハブで「ももも展」をやっていることがわかり、こちらにも足を伸ばしてきました。
デザインハブとは、

「東京ミッドタウン・デザインハブ」 は、2007年4月に開設したデザインネットワークの拠点です。デザインのプロモーション・職能・研究教育という3つの異なる役割を担う機関が連携し、デザインによって 「人」「ビジネス」「知識」 を結びつけ、展覧会やセミナーの開催、出版などで情報を発信しています。(デザインハブ サイトより)

そして「ももも展」とは、「○○も○○と言える」と題して、違うとことから見るとわかること、異なる手法を用いるから表現できること、そしてこれもデザインといえるモノ・コト全部で11テーマが展示されていました。
その中で私がツボにはまったのは2つ
ひとつが「PLAY BALL」をしている様子の写真の中で、串に刺した団子を焼いている写真!確かにPLAY BALLだ。
もうひとつが「編み物の柄から顔をみつける」というもの。
実際の網模様からここ顔に見えるでしょ!確かに!でした。

この後、ミッドタウン内を散歩し、清々しい気候と美しい新緑でリフレッシュできた休日の始まりでした。

「食品変色事例とその原理」についてお話しました

ワクワク大作戦のラストは「食品変色事例とその原理」についてのお話しでした。
話に挙げた事例としては、野菜の変色、食肉の変色、そしてその他として炊飯米(いわゆる白めし)の変色、ゆでたまごの変色。
科学的原理がわかれば、なるほど!であり、同じ原理で発生した場合にも応用がききます。
また、食品化学に詳しくない方にも、ぜひ知っていただき、
驚いて(だけならまだいいのですが)、クレーム・苦情へとなる前に、
このような原理でなるのだということを知っていただけたらと思います。

ワクワク大作戦 食品の変色に関する実験

P1000708 トリミング

ワクワク大作戦 官能検査のOJTの後、午後からは食品の変色に関する実験でした。
こちらは、1月に行ったラボのOJTの続きと、
エキサイティングな実験してるじゃん!と噂を聞きつけた他部署用に組み立てた実験です。

緑茶のタンニンの定量

まず初めは「緑茶のタンニンの定量」
緑茶中のタンニンの定量方法として、酒石酸鉄吸光光度法という方法があります。
これは、我が国においては緑茶ポリフェノールの準公的な分析法として採用されており、
ポリフェノール類の大部分をカテキン類が占める場合に適用可能な方法です。
今回は、市販のペットボトルのお茶を数種類購入して定量し、表示されている数字(カテキンで表示)や官能面との比較をしました。
カテキン含有量については全ての緑茶飲料に書かれているわけではありませんが、記載されているものに関してはほぼ一致。実験参加者はやった!とばかりのガッツボーズ☆
その後、実際飲んでみて味と定量した値と比較すると、一部においてタンニンの量と相関しないものがありました。なぜか?原材料名や商品コピーを見比べてディスカッションしてこのような理由ではないかと推測を立てていました(←こういうことが大切)
さらに原材料名を見たついでに、なぜこれ(添加物等)が含まれているのかを、化学的性質から説明し、なるほどー納得♪ でした。

アミノカルボニル反応(メイラード反応)

次に、アミノカルボニル反応の実験。
アミノカルボニル反応は糖とタンパク質あるいはアミノ酸が共存している状態で加熱すると起こる反応です。
さらに、糖の種類によってこの反応の強さが変わるので、
アミノ酸はグリシンのみとし、糖の種類をグルコース、スクロース、アラビノースと変え、さらに、これに蒸留水を混ぜたもの、炭酸水素ナトリウムの水溶液を混ぜたもの、酢酸水溶液によってpHを変えて、同じ糖とアミノ酸のでもpHの条件が変わることによって反応が変わるかについても体験してもらいました。
P1000710

加熱する前は透明でしたが、加熱することにより反応が起こり褐変し、
この程度においては、糖の種類によって違うことがわかりました。
またpHの違いにより、反応の強さが違うことも実感できたようでした。
今まで本で読んだことはあったけど、実際はこうなるんだ!という経験は、
頭のしっかり焼き付いたことでしょう。

ほうれん草の脂溶性色素の分離

こちらは前回好評だったので、メンバーを変えて実施。
ほうれん草は葉を見たときは緑色がしか認識できませんが、
クロマトグラフィーを使うと他の色素成分も目視で確認することができます。
さらに、脂溶性ビタミンであるカロテンも含まれていることが改めてわかり、
おーすごいー!と感じてもらえたようでした。

ワクワク大作戦 官能検査のOJT

官能検査のOJTをしたよ

ワクワク大作戦の食品表示基準のお話の翌日午前中は、
官能検査のOJTでした。

まずはテクスチャーから

味(甘味、塩味、酸味、苦味、旨味)については、識別し表現する能力があっても、食品の物理的評価であるテクスチャーについては、食品のカテゴリーによって評価項目によって表現方法が違うため、相当種類の訓練が必要です。
さらに、与えられた食品によって、どの属性で評価するべきかという判断能力も必要。
これらテクスチャーの属性に関しては、ISO5492 で規格化されており(2015年5月22日現在、最新版は2008年版)、これをもとに食品毎のテクスチャー属性を食べながら実感してもらいました。

次に「におい」

また、官能検査で必要な項目として「におい」があります。
特にネガティブなにおい(酸化したにおい、劣化したにおい)については、「百聞は一見に如かず」
実際に劣化・酸化したサンプルを作ってそれで官能検査をするのが一番!
ということで、ある揚げ菓子(米菓)を直射日光のあたるところで3か月間て保管しておいたものを官能検査しました。
結果は、これが油の酸化した匂いなんだーということで(油が酸化した商品は市場にはないので知らなくて当然)、脳内アハ!状態でした。
ちなみに、酸化にも段階があり、ちょっと酸化とめっちゃ酸化はにおいが明らかに違うので、そこも体験してもらい、かつ、油の酸化の理化学検査数値との関連も学習しました。
これらのことを、ひと通り行ったうえで、賞味期限設定のための保存試験における官能検査評価法はどのように行うのかをプリントに書きこみながら実施しました。
P1000702

このようにひと通り、ひとつのサンプル(揚げ菓子)で行った後、
しょうゆの劣化臭を学ぶ目的をかねて、昆布の佃煮にて同じように官能評価をしました。
書きながらいろんなコメントや会話が出てきてました。
どう書いたらいいのー?とりあえず自分の言葉で書こう。
においが悪くなってる。どの、どんなにおいか具体的に書かないと伝わらないよー
などなど。

ありそうでない、官能検査のOJT

いい意味でにぎやかなOJTで、かつ、なかなか経験できない内容だったので、
参加者のみなさんには大変喜んでいただきました。
主催者としてもこれが一番嬉しい。
次回は、違うものでまたやりましょう!と次につながるOJTとなりました。

食品表示基準についてお話しました

スライド1

4月1日に食品表示法が施行されました

今年のテーマ「ワクワク大作戦」の一環で、
この4月1日施行された食品表示法の中で、
食品表示基準の概要と新しく創設された機能性表示食品についてお話しました。

重要ポイントは以下のとおり
生鮮食品と加工食品との区分はJAS法にて統一
加工食品には栄養成分表示を義務付け
アレルギー表示方法の変更
原材料名表示方法の変更
製造所固有記号は同一商品を二か所以上で生産している場合のみ可
これをうけて、生鮮食品と加工食品との区分について詳しく講義

食品表示基準における「生鮮食品」と「加工食品」

JAS法の区分に統一されたので、
従来の制度では食品衛生法では生鮮食品扱いだったものについては、表示についてはイチから確認
また、複数の組み合わせ(いわゆる、異種混合)については、施行直前まで討議されおりました。
これについては、消費者庁の食品表示一元化情報 の
食品表示基準Q&Aについて(平成27年3月30日消食表第140号)の第1章 に記載されています。

教室を社会に開く「グループワーク概論」第6回

DSC_0268

いっぱい振り返ったよ

第6回は、先週の振り返りのクラス全体の結果を見ながら、これからどのように進めていったらいいかをグループごとに話し合いました。(今回のグループはモジュール1のグループではなく、学生・見学者ともにシャッフルして、それぞれのグループメンバーが混じっていました)

話し合う内容は、
1.前回の振り返りの資料ともとにどのような授業になればいいかを考える
2.そのためには、CT・見学者・学生がどのようなことをすればいいのかを考える
3.そして発表

どうしたら、言葉を発する回数が増えるか

今後どのようにしたいかについては、学生個々人の考えや受け止め方の違いもあり、相反する内容もありました。しかし大切なことは、その内容でなく、ひとりひとりが考えてそれを全員が言葉として発することができたという事だと感じています。
私個人が今回の話し合いで感じたことは、より具体化して投げかけてあげることの重要性です。
何かを聞くときや、行う時にとかく抽象的な言葉を使いがちになります。
社会でそれ相応の経験のある人は、この抽象的な言葉を自分の判断軸において具象化していくことが可能ですが、学生にとってはまだまだハードルが高い作業。
よって、問いかける側がいかに具体的な言葉で問いかけることができるかが、話し合いやグループワークを進めていく突破口の一要素であることを改めて感じました。

モジュール2はチームビルディングについて

さて、次週からモジュール2 チームビルディングの手法を学ぶに入ります。
モジュール1では、「自分自身を知る」から自己受容ができたはずです。
モジュール2では、チームビルディングの手法を学ぶことによって他社信頼を獲得してほしいと思っています。
CT
、見学者は引き続き、学びの触媒作用になるよう続けていきたいものです。

教室を社会に開く「グループワーク概論」第5回

DSC_0263

モジュール1の振り返り

今回はCT+α のおーさんの進行のもと、モジュール1のワークの振り返りでした。
振り返りの項目は3つ
1.学びの促進となった項目や言動
2.逆に学びの阻害となった項目や言動
3.この授業をさらによくするために、どうしたらいいか
これらについて、各自が書いて(無記名)提出の上、結果は来週、おーさんから発表があります。

さて、この振り返りをやっている時に気付いたこと2点
・そもそもの質問内容を読んでいない
促進内容を書かなければいけないのに、阻害内容を書いている。
経験値でいうと、常に一定人数は“人の話を聞いていない”学生がいる。
聞く→理解する・わかる→アウトプットの流れをにおいて、聞いてなかったのか、理解できていなかったのかを明確にしてその人にあったフォローをすることが必要だということを改めて感じた。
・やっぱり感想と評価の区別ができていない
これは予期していたので、修正できる点は修正。
最後の質問3は各グループの見学者が司会進行したため、評価でなく感想となる内容については、ディスカッションをして評価となる内容に落とし込んでいったが、質問1と2は時間の問題でそれができず、そのままで提出してしまったのが心残り。

新たな課題が出てきたよ

評価の書き方については、おーさんから説明があったのだけど、やはりそれですぐに学生が理解できないのは、経験上わかる。これができるようになるのも、グループワークスキルスパイラルアップのひとつなので、モジュール2以降どうやって取り組んでいこうかというのが目下の私の課題。
そして、学生の意見を聞きながら出てきた新たな課題は、まったく展開が読めないカオスをグループワークとして楽しむか、あくまでも授業なのである程度のフレームワークがあらかじめ決められているのがいいか、どっち?というもの。
どちらがいいかは、学生個々人の考えや性格、他のグループのフレームワークによっても左右されるので、一概には言えないけど、私個人は前者かな~。
この話を筒井さんにしたら、「グループワーク概論の根底に関することだねぇ」とおっしゃっていたので、15回全授業終わってから、改めて考えなおしたいです。

次回第6回は

この振り返りのをおーさんがまとめて発表してくださいます。
みんなどんな事を書いているのか、楽しみ楽しみ