教室を社会に開く「グループワーク概論」@京都精華大学 

京都精華大学 筒井先生の「グループワーク概論」に見学者として参加しました。
この科目は、チームに基盤づくり、機能するチーム、学びの共同体を創造する主体となることを求められるなかで、対人関係スキルを身につけることを目的としています。
そして、何より特色があるのが授業環境で、教員、授業協力者(CT Creative Teamの略)、見学者の関与がなされていることです。

というわけで、今回見学者として参加しました。そう、「見学者」のはずだったのですが、
前日蓋を開けてみると履修者が例年より少ないことがわかり、
これは、すごーく濃くかつ密にできると判断されたようで、見学者も一緒に授業に参加する形で1回目の授業が始まりました。いゃーこれが実に楽しかった!!
1回目の今日は、はじめにいわゆる授業ガイダンスがあり、
そのあと、授業協力者であるCreative Teamの自己紹介、そしてグループ間での自己紹介、そして自己紹介した相手をグループの他のメンバーへの他己紹介でした。
そして、授業終了後は、授業の振り返りを行い、次の授業にむけて当日の授業評価を行いました。

私自身、教鞭ををっており、さらにそれが実験でなので、まさしくグループワーク。
そのため、ほんのわずかだけで、それまでに培ってきたことを提供し、またさらに私自身も学べたらと決意というと大げさだけど、そんな気持ちです。
なお、この授業協力者も見学者ももちろんボランティアです。
なので、志やモチベーションの高い人ばかりが集まっているため、学生以外の授業協力者や見学者どうしても、化学反応が起きそうな予感です。

仕事に影響がない限り毎週参加するつもりなので、その都度レポートしていきます。

なお、この授業に関する詳細は筒井先生のブログまで

教室を社会に開く「グループワーク概論」@京都精華大学 」への4件のフィードバック

  1. CT塩澤です。 2015年4月11日 / 7:11 PM

    素敵な記事をありがとうございます。

    凄くうれしいです!!
    来週もお待ちしています!!

  2. 筒井洋一 2015年4月11日 / 9:03 PM

    平井さん
    京都精華大の筒井です。

    見学者がどんなことやっている人、何を考えている人というのをどこかに出せればと考えています。

    また、アイデア下さい。

  3. yumikohirai316 2015年4月18日 / 7:40 AM

    塩さん コメントありがとうございます。引き続きよろしくお願いします。

  4. yumikohirai316 2015年4月18日 / 7:44 AM

    筒井さん
    昨日帰宅後見学者の名称を考えていました^^ みんなのなかでもやもやしているものが、15週経た後、形になっていたらと考えています。
    なおげの言ってた学びの過程の見える化とともに、人と接する上でのもやっとした気持ちの見える化を探っていきたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中