「惣菜における製造環境の無菌化技術」についてお話ししました

株式会社サイエンスフォーラム社主催「無菌包装食品への入門」と題したコースのなかで、“惣菜における製造環境の無菌化技術についてお話しました。
食品で無菌化というと、いわゆるレトルトやアセプティック包装をイメージしますが、それ以外に一定の条件、例えば冷蔵下に保存することによって、微生物の増殖を防ぎ、長期間の賞味期限を維持できるタイプのものがあり、
今回は後者の方にスポットをあてて、市場動向からはじまり、微生物制御すべきポイント、そして包装惣菜の近未来についてお話しました。
それで、今回話をするにあたって考えたことは、ごくごく普通に無菌化技術に関する話をするとHACCP的な話の流れになります。でも、それでは当たり前過ぎるし、話している方もワクワクしない(このワクワク感は大切)。話してがワクワクしていないと聞き手もワクワクしない。
そのため工夫したこと。
一般的に新しい商品の規格を考えるときに商品設計という言葉を使うのですが、この設計という言葉が私はあまり好きではなく、デザインといっています。事実、ISO9001の要求事項7.3設計開発の原文(英語)はDesign and developmentとなっています。なぜ、設計という言葉を使うのが好きじゃないかというと、どうしても設計とという言葉を使うとそれが関係する範囲が狭くなってしまう。From Farm To Forkで影響を及ぼす範囲を考えないといけないのに、どうしても自社内の製造工程しか視界に入ってこない。やはりこれではいけないし、この考えを変えるには言霊じゃないけど言葉は大切で、その結果デザインという言葉を使ってる。
そして、最近では当たり前だけど、当日使用するスライドには極力文字を入れない。図や写真をメインに。もちろんレジメとして配布する資料には文字があってもいいし、あるべきだけど、逆にスライドを文字でうめつくすのは見えにくいし、文字を追うことで話していることがへの集中力が半減。なので、ちょっとTEDっぽくしました。そういう方向で考えるとマイクをもって話すのはすごーくやりにくい(苦笑)
このような工夫をして無事に終了。
世の中が変わっていっているのだから、話し手のスタイルも変えていかないといけないし、パラダイムシフトをしないといけないなぁとつくぐく実感した1日でした。

次回は3月19日、包装惣菜のマーケティングについてお話します。私もとうとうマーケティングの世界にまできたかー^^ というわけで、マーケティング・コンサルタントやマーチャンダイザーの気分を味わっています。

芸術の秋、学問の秋。そして味覚の秋

先日、電車内の広告でみつけた、野口久光ポスター展@京都文化博物館
油絵などの絵画は見る機会があるけど、
このような自分の中で何か気づきが起こりそうな予感する展示はめったにないので、ぜひ行かなくては!と思い、
ちょうど京都に行く用事があったので、それをかねて行ってきました。
戦前から戦後にかけての映画ポスターなので、どこかで見た記憶があるなぁと思いつつ見て回り、
野口久光氏は晩年は、彼自身が造形深かったため制作に携わることになったJazzのポスターやレコードのジャケットも展示。
映画ポスターでは、いわゆる「和」の色調。普段見ているのとはまた違った色調を勉強できたかな。
こちらは特別展示なので、そのあと常設展へ。
本当はゆっくり見たかったのだけど、時間の都合で駆け足で。
また機会を作ってゆっくり見よう。
DSC_0018 DSC_0014 DSC_0020

 

そして、午後からは
同志社大学大学院総合政策科学研究科ソーシャル・イノベーションコース入門講座「ソーシャル・イノベーション(SI)が拓く世界」
に参加してきました。
実は、友人が現在のこソーシャル・イノベーションコースの博士課程後期に在籍しており、“こんなイベントするからきてね♪”と誘われたので軽い気持ちで参加したのですが、実はすごーく濃い内容。
このコースは、自分のなんとかしたいという思いをカタチにすることを学びます。
担当教授の冒頭のあいさつでは、コースの求める至福の追求が天国を作るにまで昇華し、さらにいっそうソーシャル・イノベーションに対する熱い思いをキャッチ。
各教員の話にはじまり、卒業生、院生がこのコースで学んだことによって、どう思いをカタチにしたか、そして院生からはどうカタチにしようとしているのかのプレゼン。
各自のもつフィールドワークが違うからこそ、学生同士の掛け算による新たな事柄の発生もあるし、聞いている私もインスパイアされる事が多々ありました。

その後は懇親会ということで、このコースの卒業生の方が経営されているお店へ。
こちらは季節とつくり手がみえるおばんざい食堂
このコースで学び、それこそ思いをカタチにしたお店です。
そういった思いのこもった美味しいお料理とお酒をいただきながら、ソーシャル・イノベーションとはとみんなで熱く語りながら過ごした秋の1日でした。
(写真はお店のおすすめの日本酒 料理はあまりの美味しさに写真を撮る間もなく、みんなのお腹のなかに^^;)
DSC_0024 DSC_0023

 

‎gacco‬ で「‪デジタルアーカイブ‬ の作り方」が開講しました。

gaccoとはJMOOC公認のオンライン講座で様々な大学の教授陣の講義を無料で受けることができるサイトです。
今春にアカウントを取得したものの、履修したい講座がなくそのまま放置しておいたのですが(苦笑)、ここにきてドドンと履修したい講座がやってきました。
その第一弾が冒頭に記した「デジタルアーカイブの作り方」
講師は情報アーキテクトとして活躍中の首都大学東京‬の渡邉英徳‬ 先生
実は、今年のGWの頃、この渡邉先生の書籍を読んでおりデジタルアーカイブに興味を持っていたところだったので、もうこれは履修するしかない!で、履修登録をして開講を楽しみしていました。
それで10月10日金曜日に開講~♪
4回(1回/週)で終了なので、ご興味のある方はぜひ。
但し課題レポートはありますよ^^

スギヒラタケにご用心

暦は10月となり、台風が連続してやってくるとはいうものの、行楽日和の今日このごろ。
野山に出かける人もたくさんいるでしょう。
そんな時期にいつも多く発生するのが、毒きのこによる食中毒!
年間100数十人の患者が出ています。
その中で、かつては食べられるといわれていたスギヒラタケも、これが原因で急性脳症が発症しています。
なので。
とにかく、きのこは
採らない、食べない、売らない、あげない
の4原則で自分や自分の身の回りの人の健康を守りましょう。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/rinsanbutsu/sugihira_take.html

武蔵野美術大学(7)

8月と9月の進捗備忘録です。

8月
情報システム基礎Ⅰ スクリーング6日間
情報システム基礎Ⅱ スクーリング6日間
情報システム基礎Ⅰ 課題1提出→合格

9月
著作権法・コミュニケーション論 科目試験→2科目とも合格、単位認定
造形基礎Ⅰ 課題1~5提出