食料安全保障について考える

今年も消費生活アドバイザーの更新講座に行ってきました。
5年間の間に最低4講座受講しないと更新できないという規定があり、昨年2講座受講したので、今年2講座受講しました。かつては最低数の4講座をクリアしていて受講する必要がなくても、希望すれば講座がとれたのに最近は更新に必要な数しか受講できないのが少々不満。そんな話はさておき、今回の講座で受講するのを楽しみにしていた講座のひとつに世界の食料需給についての内容のものがありました。
以下、受講した内容をもとに私自身の意見をまとめました。
私たちの日常生活おいて、食べるまでのプロセス(自分でつくるか外食するか)はともかくとして、必要なものは購入することができます。また食品産業においても、Food safetyやFood defenseが問題になっていますが、これらは必要な原材料が滞りなく入手できるという前提でなりたっています。
しかし!それがずっと続くとはかぎりません。例えば国連資料によると2050年には人口が93億人と24億人増(2010年比)。この27億人のうちアジアで9億人、アフリカで12億人増えると推定されています。そうなると、今のように容易に輸入することができるかについては疑問が残ります。このようにいうと、食料自給率を上げる話になることが多々あります。しかしながら、総務省の調査では、今後50年で日本の生産年齢人口(15歳~64歳)は半減すると言われています。それを考えると食料自給率を上げることは簡単なことではありません。ではどうするか?方法や方向性は色々あるでしょうが、何よりも大切なことはそういう現実をひとりひとりが知ること。そして、食料需給の重要性にフォーカスしていかないといけないのではないでしょうか。

ひょうたんは食べられません!

以前、小学校の理科の授業でひょうたんを栽培し、それを食べて食中毒となった。そのときに、ひょうたんを食べることの危険性についてはこのブログにて書いたのですが(そのときの記事はこちら)、おかげで定期的に見に来てくれる人がいて、みなさんの役にたっているのなら何よりと思っていました。

ところが、先日ホームセンターで販売していたひょうたんの苗に食用のラベルが貼ってあり、食べたところ食中毒になったというニュースがありました。
すると、このニュースをうけてマスコミもひょうたんについて色々調べたのでしょうね。どうも私のひょうたんについて書いた先の記事に辿り着いたようで、東京の某放送局の全国ネットのある報道番組の制作スタッフから取材依頼がきました。
でも、そのときちょうど仕事で出かけており、先方はすぐに番組で使いたいという意向だったようで、取材にはなりませんでした。あぁ、残念!
ただ、直近で起きたひょうたんの食中毒については再度まとめておきます。
ニュースで“観賞用のひょうたんに食用のラベルを貼って”とありますが、ひょうたんに食用はありません!
ひょうたんと同じ仲間の食用の植物に“ゆうがお”があります。
“ゆうがお”は、干ぴょうの原料となる食用植物で、ひょうたんの苦み(毒性)が少ない品種として、食用に選別・改良されたものです。
ただし、このゆうがおも家庭菜園では、土台の接ぎ木や自然受粉などの条件によっては、苦みが強くなり人体に影響を与える程度の毒性をもつことがあるので注意が必要です(過去に食中毒事例が報告されています)。

さらに、花の鑑賞として販売されている夕顔は、正確にはヒルガオ科のヨルガオであり、食用のうり科のゆうがおとは異なり、食用ではありません。

取材依頼には対応することができなかったけど、内閣府食品安全委員会の仕事を担っているものとしては、こうして広報することで役にたっているようでよかったなと思う次第です。

 

武蔵野美術大学(5)6月の進捗状況

・造形基礎Ⅱスクーリング受講
・造形基礎Ⅲスクーリング受講

・コミュニケーション論課題2提出
・映像メディア表現Ⅰ課題1提出→不合格
学習指導書に書かれている構成表の例を“信用”してそれをもとに書いたら、思いっきり指摘されました!学生時代に番組制作経験があるので、この指導書に書かれている構成表の例を見て、えらいアバウトな構成表だな~と思っていたら、案の定でした。合格ラインにならない構成表の例なら、いっそのこと掲載しないで欲しいものです。
構成表を作成するときに、念のためカット割りからおこしたので、それをもとに再度課題作成です。
しかし、こういう苦情はどこにいったらいいものか・・・