農薬からみる安全と安心の違いと論理的思考

最近世間をにぎわしている作物の話から、農薬についてとやかく言われているのをオンラインオフラインに関わらず、よく見聞する。農薬を使わない栽培方法がいいのか、使用した慣行栽培がいいのかは、各自の主義・主張の問題であるので、第三者がそれをとやかくいう必要もないしいえないけど、その主義主張はあくまでも感情論であり、科学的理論ではない。
つまり、今回の農薬の話しだと、科学的な安全性については、内閣府食品安全委員会で評価され確認されている。ただし、安全と安心は違うので、安全だと言われても安心できないというのはある。それで自分の選択をどうするかは個人の自由となる。ただし問題は、安全と安心を混同していることと、安心の定義・スタンスで安全を語ることである。
こうなってくると、もともとが論理的思考で話ししていないので、何を語っても無理だと思い、世の中で飛び交っている内容を眺めていたのですが、さすがに行きすぎを感じたのか、食品安全委員会から次のようなコミットメントが出ています。

「農薬のイメージ」(食品安全委員会委員長代理 三森 国敏)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食品安全委員会が内閣府に設置されて今年で10年が経過します。その間審議された品目数は1405に
なりますが、その中で農薬の審議品目数は540を超えます。その一方で、国民の皆様からの農薬に対
するイメージは、「危険性がある。」、「体に良くない。」、「環境を破壊する。」など、相変わら
ず悪いイメージをもつ方々が多いと思います。
このような「農薬離れ」は、戦前から戦後間もないころに開発された有機塩素系除草剤や有機リン系
殺虫剤などの農薬の毒性が非常に強かったことに端を発していると思います。食料難が深刻であった
当時の農薬開発は、害虫の駆除や雑草の除去などによる生産性の向上を主な目的としており、ヒトへ
の健康影響や環境に与える影響などについては、あまり考慮していなかったわけです。
このような過去の「危ない農薬」から脱却するため、政府は1972年に農薬取締法を大幅に改正し、
農薬の哺乳動物に対する毒性(発がん性や生殖発生毒性等)、作物や土壌中の残留や環境への影響など
多岐にわたる資料提出を義務付けるようになりました。このような流れから、農薬メーカーは、ヒト
や環境にやさしい農薬を開発する努力を進め、現在では、上記の厳しい規制をクリアしたもののみが
承認されるようになっています。にもかかわらず、農薬に対する国民のみなさんのイメージは昔のま
まです。
食品安全委員会では、農薬について正しい認識を持っていただくため、農薬の毒性等をわかりやすく
解説する等、国民とのリスクコミュニケーションを積極的に進めております。

***************************************************************

これを読んでも、それでもイヤだという人は、それはその人の考えなのでそれはそれでOK
ただし、その感情論で他方を非難することは科学的でも論理的でもないことを認識していただきたい。