農林水産省FCP 「つながる会議」~食の信頼向上に女性の感性を活かす~に出席しました。

農林水産省 フードコミュニケーションプロジェクトにおいては協働の着眼点をつくりこみ運用段階という拡大期へ進んできました。
そこで、FCPのメンバーが従来あるプログラムに参加するだけでなく、もっと情報共有や意見交換することが大切!顔の見える交流で新しいつながりを築き、!ということで今年から始まったのが、この「つながる会議」です。
そこで第1回は「食の信頼向上jに女性の感性を生かす」と題して行われました。
当日は6~7名のグループにわかれグループディスカッション
○女性の感性を今の仕事にどういかしてるか?それは協働の着眼点にどこにあてはまるか?
○女性の感性を活かした今後のFCP活動

ディスカッションの結果については改めて農林水産省から方向があるので、詳細はここでは差し控えますが、
女性ばかり全部で50名程度。この人たちがグループにわかれて喋る喋る。
いい意味で賑やか。もちろんグループディスカッションの結果もグループによって特徴があり、聞いていても興味深く有意義でした。
農林水産省担当部署の方は開催前はこんなに活発はディスカッションになるとは思っていなかったようで、手ごたえを感じていらっしゃったよう、サブテーマの女性の感性を活かすは継続的に行いたいようでした。

今後のサブテーマの設定は未定ですが、「つながる会議」は今後継続して行われるので、時間の許す限りできるだけ参加したいと思っています。