文化な日

今日のタイトルをみて、
今日は、こどもの日だよ。感じているそこのあなた。
はい、今日は、間違いなくこどもの日です。
でも、私にとっては文化な一日でした。

まずは午前中。
DSC_0689
NPO食の安全と安心を科学する会主催
2013食育・食肉まつり~つながろう、福島~
に参加しました。
プログラムは次のとおり。
「食肉の安全:食中毒細菌リスクを知ろう!」東京大学大学院農学生命科学研究科附属食の安全研究センター長 教授 関崎勉
「食肉の安心:大切なのは安全を理解すること」NPO食の安全安心を科学する会 理事長 山﨑毅
「食育:日本の食文化における食肉の重要性」料理研究家 服部栄養専門学校校長 服部幸應
この中で、私にとって収穫だったのは、関崎先生の交差汚染の説明。
食肉の食中毒細菌の説明ということで、大腸菌0157に焦点を絞ってお話されていましたが、
その中で、当然のごとく交差汚染の説明になって。
実は、この交差汚染を専門的知識のない人に説明するのが意外と難しい。
さらに、健康保菌者の話まで加わるとさらに輪をかけて難しくなり・・。
ところが、今日の関崎先生の説明は、なるほど~こういう風にすれば専門的知識のない人でもわかりやすいやん!という話のまとめかたで、大変勉強になりました。

さて、これが終わって向かった先は、
国立国際美術館
「美の響演 関西コレクションズ」と題して、関西一円の美術館より20世紀以降の美術作品集められた展示でした。
DSC_0691
現代美術については、見る機会があるようで意外とないので、そういう点ではいい機会だったし、
なによりも、おぉーーと感動する作品にいくつか巡り会えたことも収穫だった。
絵画だけじゃなくて、彫刻もあってなかなか見ごたえあり。
同じ美術館の中で、「ピカソの版画と陶芸」という展示もやっていたのでこちらも見学。
DSC_0692
私たちが知っている「絵」ではなく、版画と陶芸だったので、今まで知らなかったピカソの一面を知ることができた。

さて、ここまできたので、隣の大阪市立科学館も寄ることにした。
DSC_0693
こどもの日でイベントをやっていたので、館内はこども連れでいっぱい^^;
そんな中を見てまわったのだけど、
宇宙とその発見というコーナーで、スーパーカミオカンデについてじっくり見学。
先日読んだ本にこのカミオカンデのことが書いてあって、改めてそのすごさを再認識したのだけど、
さらに復習の意味で。
するとそのすぐ横に、南部陽一郎氏の自発的対称性の破れの説明がくわーしく展示。
これでようやくしっかりと確実に理解できた。
そして少し場所をおいて目をやると、江戸期の天文学というコーナーが。
江戸時代にできた暦の名前をみて当時使用されていた器具類をみると、まさしく「天地明察」の世界。
これを読んでいた時に思い描いていた風景が一瞬頭の中をよぎった。
このほかに「身近に化学」コーナーでは、たくさんの鉱物模型が展示。
あたりまえなんだけど、パワーストーンも鉱物のひとつなので、
研磨する前の状態のものがたくさん展示されており、しばし見入る。
その他、プラスチックや生薬、毒か薬かなんていう展示もあった。

さて、ここから次の目的地に移動するために、JR大阪駅方面に戻らないといけない。
そこで!近くにあるリーガロイヤルホテルまで行き、少しだけお買い物をして(ここのテイクアウトショップが上質なのは有名!)、
シャトルバスにてJR大阪駅へ。
そして、目指した先が
大丸ミュージアム
「パリー大阪 街と芸術をめぐる物語」と題して、
1920年~1930年の絵画、それもパリと大阪に謂れのある人のもののみ集めた展示でした。
DSC_0694
私がこれに行きたいと思ったのは、ロートレックと佐伯祐三の作品があったからなんだけど、
もう、期待以上に楽しめて、大好きなリトグラフもたくさんあり、
それ以外にも、新しく学ぶことのできた作品もあり、サイコーでした。

そんな、文化いっぱいの今日いちにち