2014年2月のおすすめ本

51ciQ4qo7wL._SL160_

2月のおすすめ本は、もうダントツでこれ。

「人間と動物の病気を一緒にみる:医療を変える汎動物学の発想」
バーバラ・N・ホロウィッツ(著)、キャスリン・バウアーズ(著)、土屋晶子(翻訳)

我々人間だけが特別な生き物ではない。
進化の過程において、他の動物と共有するものは必ずある。
人間だから、動物だからと言って分け隔てするのではなく、
同じ動物としてみることによって、新たな発見や今後の研究に役立つことがたくさんある。

そのような事が書かれています。
興味深い1冊。